So-net無料ブログ作成

惑星のさきだれ 7巻のこと [コミック]

この世界の片隅にを全巻繰り返し読んだので、微妙にへこんでます。

惑星のさみだれ 7巻
今回は主にふくろうの騎士、太陽のお話です。
獣の騎士団を受け入れ、男の戦いを幼い弟に見せたことで、世界を肯定的に感じ始めたようです。
ロキ自体は騎士団を積極的に裏切ろうとするのではなく、自分の相棒を死なせたくないのですね。
もしかしたら一番優しいパートナーなのかもしれないですね。
そういや、彼の掌握領域は時間をかき回すことって、範囲は狭いけどこれは反則っぽい技ですね。

さておき夕日もそんな太陽に対してかっこいい大人として振舞おうとしてます。
さらに三日月との関係もいい方向に向かっていて、なんか本当にいいコンビになってきてますよね。
それだけに太郎のことが本当に悔やまれます。
今回、子供3人のピンチに駆けつけた場面はまさにかっこいい大人、あの3人にとっては正義のヒーローにふさわしい姿だったと思います。
しかし、未だに彼の真意は姫に野望を遂行するという・・・それは子供たちの未来を奪うことになるんですが・・・最終的にどのような選択をするんでしょうか?

また、ロキの口から前回の戦いの結末が語られました。何体の泥人形を倒してのか不明ですが、獣の騎士団は犬の騎士とふくろうの騎士だけが残ってましたが、最後にふくろうの騎士が裏切って全滅。
しかし、ふくろうの騎士の真意はアニムスを殺すことでしたが、返り討ちに。
ここで疑問なのはアニマはなにをしていたかということなんですが・・・正直、まったく想像ができません。とりあえずアニムスはアニマだけは殺さないようにしていると思うのですが。
戦いの最後、獣の騎士団を全滅させた後、アニムスはアニマをどうしているんでしょうか。
また騎士団の幻獣の三騎士に対応するように、泥人形にも三神骸とよばれる存在がいる様子。
泥人形は後2体。おそらくこの2体も三神骸なのでしょうね。
そういや風巻さんの泥人形も生み出すごとに目が増えてますが、やはり工夫とか以外にも、数を重ねるごとに強さも増すということなのでしょうか?つか三神骸と同様なレベルまで引き上げられるのでしょうか?さらに12体目以降も泥人形を生み出せるのか?疑問は深まるばかりです。
しかし騎士団は9名もいる上に幻獣の三騎士も残っておりかなり有利な雰囲気を感じているんですが、さてどうなるのでしょう?続きが非常に楽しみです。

惑星のさみだれ 7 (7) (ヤングキングコミックス)

惑星のさみだれ 7 (7) (ヤングキングコミックス)

  • 作者: 水上 悟志
  • 出版社/メーカー: 少年画報社
  • 発売日: 2009/04/30
  • メディア: コミック


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:コミック

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。