So-net無料ブログ作成

2011-03-05 [アニメ]

3月にはいtって、やけに寒いですよ。
仕事は来週にはひと段落つくはずなんだけど、脳が痛いことばかり。

魔法少女まどか☆マギカ 9話
ここでエントロピーで、キュウベェが異星人ってのは・・・
とりあえずまどかにした彼の話、最初と始まりでは受ける印象が異なります。
最初は宇宙の寿命を延ばすためといってますが、最後の方は単なるエネルギー源として話をしてますね。
最初の話だと、熱死が宇宙の終末であるとして、その終末を先延ばしするために魔法少女や魔女で熱量をどうにかしようとしていたとように思えたんですけど。魔力は熱量を使用して様様な奇跡を起こすことで熱量を減少させて、宇宙の熱死を先送りしているのかなと思ったんですが。
途中から、キュウベェたちが普通に宇宙のエネルギーを使いきりそうだから、新たなエネルギー源として魔女を見出したということになってますね。

・・・キュウベェのこれまでの話は説明を省いてドツボに落とすって感じですから、今回も嘘はついてないけど必要な情報がオミットされているように感じます。
ただ、魔力を使うとソウルジェムに穢れがたまり、それをグリーフシードに移す。
本来、不可能なエントロピーの減少を行った結果、穢れという形で矛盾が発生し、その矛盾が一定限界を超えることで魔法少女が魔女に相転移を起こす。それを先延ばしするために穢れをグリーフシードに移動させる。
ぶっちゃけ、魔力の行使、エントロピーの減少の代償が魔法少女の感情とか記憶だったりしたなら、
それらが枯渇したあとはまさにゾンビですね。堀晃先生の小説ぽくって良いですわ(^^;
そういや、堀先生もエントロピーを減少させて超光速通信を行ったことで、感情や記憶を失った人間をゾンビとか呼んでましたね。

現状、キュウベェが必要としているのは魔法少女が魔女に相転移を起こす際に発生するエネルギーらしいです。この際のエネルギーってどうやって回収しているのでしょう?
後、使い魔が魔女に変化する際にも同様にエネルギーが発生しているのでしょうか?
なんにしても、魔女化した後は利用価値がないようで、魔法少女の育成のために処理をさせると。
意外と合理的で無駄がないですねぇ。キュウベェは契約者なのでしょうか(^^;
ただ気になるのはグリーフシード。魔法少女の核はソウルジェムであり、それがグリーフシードに変化することで魔女化するわけですが、魔女の核はグリーフシードではないってことでしょうか?
魔女を倒すことでグリーフシードはたまに手に入るということでした。これってグリーフシードは器で、
中に魔女の本質が存在して、器を傷つけずに魔女を倒した場合にグリーフシードが手に入る。
そのグリーフシードは中身が空だから穢れを移すことができるって感じなのかな?
気になるのは、穢れのたまりきったグリーフシード。別に放置してもいいのに、なぜにキュウベェは回収してるんでしょ?
産業廃棄物のような感じで回収しているのでしょうか?それとも、器に穢れがたまりきると魔女として復活するから、魔法少女と戦わせるために再利用しているとか・・・だとすれば魔法少女の数に対して発生する魔女の数の説明にもなるかもしれませんね。

しかし、さやかの魔女化から杏子の展開。さやかを助けることができる可能性の話のあたり、はたで聞いていてもキュウベェにイラつきます。というか、責任をとらない責任者がグダグダなんかいっているようで・・・あうーなんでこんなところで会社でためたストレスを再体験しないとだめなんだぁ・・orz
というかキュウベェの目的はワルプルギスの夜にほむら一人で対処させるために、杏子を退場させるためとか・・・外道過ぎます。
でも、ここで別の疑問が。キュウベェの目的は魔法少女が魔女化する際に得られるエネルギーですよね。
物語が始まってから、4人の魔法少女が登場しましたが、現状魔女化したのはさやかだけ。
マミさんと杏子は死亡。さらにキュウベェはほむらも魔女の餌食にすることを前提に話をしています。
物語の中で他にも魔女が発生してますから、それなりにエネルギーの回収はできているのでしょうが、3人の魔法少女の収穫するよりもまどか一人のほうが価値があるってことなのでしょうか?
魔女になる際に希望と絶望の差が発生するエネルギーを左右するようなことをいってしたが、最近のまどかへの攻勢は彼女の絶望を深める行為なんでしょうね。怖いなぁ。

さておき、魔法少女まどかのみてる夢とか妄想してましたが、なんかどんどん予想外の方向に話が突き進んでますねorz
後、緑の人と上条くんのこと説明不足にもほどがあります。これってこのまま放置なのかな?後味悪すぎますよ。
で、ほむらはもうちょっと人付き合いをうまくして、ちゃんと情報を開示しないと駄目でしょ。
少なくともマミさんが死んだ時点で、魔法少女は死ぬまでやめられないし、そうじゃなくても魔女化する可能性が大きいと教えるべきだったと思うんですが。
ほむら自身、感情をすり減らさせてゾンビ化してるんでしょうか。感情的に行動できるのはまどか絡みだけとか。
ほむらといえば能力は時間操作系ですが、これは基本時間を止めることができるだけなのでしょうかな?
過去にも飛べるけど、その時点で未来が分化するから別の世界に行ったという感覚になるんでしょうか?

さておき、ここまでどろどろの展開になると・・・・どんな結末を迎えるのやら。
一度、完全なバッドエンドに迎えてから逆襲の始まりを予感させての終わりならば良いのですが。
なんかブラスレイターのような方向性で終わったら・・いやだなぁ・・・
まぁ、ここまで話が大きくなったら、ラストは魔女化するほむらが、そのエネルギーでビッグバンを起こして、今の宇宙を消滅させて新たな宇宙を創造するって終わりにするしかないような(^^;
しかし、ここで一味、スパイスを加えるなら、まどかのビッグバンは現行の宇宙を滅ぼさず、EDENのラストのように子宇宙を生み出したと。
キュウベェはまどかのエネルギーを取り逃がしたことを悔しがり、ほむらは現世界に取り残される。
世界は現状のまま、キュウベェの暗躍は続くと。で、まどかがどんな世界を作ったかはこちらからは観測できないけど、まどからうまくやるだろうって終わり方とか(^^;

そういや、キュウベェは嘘は言わないけど説明を省略しているって考えると・・・彼は異星人関係のものではないのかも。
SFでよくあるパターンで、まどか達の宇宙が膨張しているせいで、キュウベェたちの宇宙が圧迫されており、このままでは存亡に関わるのでなんとかしようとしたと。
なんとか膨張に歯止めをかけようとした研究した結果、膨張には生物の希望と絶望が関係したと。
で、魔女化する際に発生する絶望によるエネルギーは大きく膨張するエネルギーにブレーキをかけることができるとか。もしくはそのエネルギーをキュウベェたちの宇宙に送り込んでまどか宇宙の圧迫に対抗するとか・・・

・・・しかし、ほんとうにどんな結末を迎えるのでしょうか?
コミックスの3ヶ月連続刊行ということですが、マミの章、さやかの章、終章ってことになるのでしょうか?


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。