So-net無料ブログ作成
検索選択

真マジンガー 衝撃!Z編 第3話のこと [アニメ]

真マジンガー 衝撃!Z編 第3話
”その名は”で笑った。
面白く鑑賞できますが、正直、違和感が強まるばかりのような。
マジンガーの魅力のひとつはその無敵の力にあると思うんですが、3話かけてその辺が実感できないのはどうしたものでしょうか。
なによりも地球でもっとも強い超合金Zのアピールをしないでどうるんでしょうか?
いかなる攻撃もはねかえす無敵の装甲がなんとも魅力的で、それゆえに鉄の城という言葉に憧れるのですがね。
Z編ではドクターヘルとの戦いでじっくりとマジンガーZの無敵っぷりを堪能させてもらい、ミケーネ編では、その超合金Zが切られ、砕かれ、溶かされるというギャップを思い切り期待しているのですが。
この調子でいくと、マジンガーがアフロダイAとたいして性能差がないことになりかねない予感もしたりと不安が。

初めて見たマジンガーをシローは怪物と連想し、甲児は神と思ったのはうまいなぁと思っていたら、甲児は本でゼウス神の姿を知っていたからというは少々がっかり。これは見た人間の心で受ける印象が異なるってことにするだけでよかったと思うんですけどね。

で、あしゅら男爵。またもや超人パワー全開で機械獣なみのパワーで肉薄・・・って機械獣量産するよりもあしゅ軍団全員を彼並に改造したしたほうが、いろいろ便利な気がしてきた(^^;
というか、あしゅらが過去の記憶をもつ必要があるのか正直疑問が。すでに彼の最後は1話で描かれているわけで・・・というか1話のあしゅらの甲児のへのライバル心はあの時点では微妙に独りよがりな感じで失笑してたんですが、この話をみるとあの台詞も見方が変わってきますよね。
つか、いくら不慣れでもあしゅらに翻弄されるマジンガーに少々幻滅。アフロダイは下手したら今回襲撃してきたあしゅら軍団にやられそうな勢いですね(^^;

ついでに、大量の特許料が流れ込んでいるの上に、警察の護衛がついている十蔵博士の所在を知らかった弓教授。・・・? でもさやかは知っていたような?
弓教授にはZの光子力ビームを見て驚いてもらうくらいしか、期待できる要素がないんですが。
さらに十蔵博士。ドクターヘルの野望を知っていながら、密かにマジンガーZの建造をしてますが、これって甲児の選択肢はヘルとの戦いしかないと思うんですが・・うーむ・・・
なんか今の雰囲気からして、ヘルなど眼中になくマジンガーを建造した雰囲気が強いんですが真相はいかに?

つか、最大の不満がロケットパンチで一度は倒されたタロスが、機械獣として再起動するのはなんとも・・・
海底要塞がそばにいるんですから、そこから出撃させればいいじゃないですか・・
なんかここでもマジンガーの弱体化でがっかり感が。
最初の機械獣は2体がかりでも鎧袖一触で十分というか、アフロダイのピンチを絶妙なタイミングでZが助けるってシーンはないんでしょうかね。

とりあえず何話あるのか知りませんが、少々展開がゆっくり過ぎませんかな?こんなことでは1話の大風呂敷がどこまでたためるのか不安でしょうがないのですが。
いや、本当につっこみばかり入れてますが楽しんで見ているですが、どこまでやってくれるのか不安で不安で(^^;
nice!(8)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 8

コメント 3

いち

あしゅら男爵強かったですね!でもオープニングで抱き合ってる2人があしゅら男爵とは思いませんでした、しかしこのペースでちゃんと最終回迎えられるんでしょうか?
by いち (2009-04-22 00:30) 

おどんとグリフス

いちさま>nice&コメントありがとうございます
>あしゅら男爵強かったですね!
強すぎですよ(^^;
というか、あしゅら男爵をあれほど掘下げるのはいいんですが、その最後は1話のアレというのがなんとも・・・

>しかしこのペースでちゃんと最終回迎えられるんでしょうか?
3話たっても、マジンガーがまともに活躍してないし・・・展開遅すぎですよねぇ。
なんか尻切れで終わりそうで・・・orz
by おどんとグリフス (2009-04-23 23:44) 

A-chan

初めまして。マジンガー関連の検索により参りました。
もう3年も前に「マジンガーZ」のリメイクが放映されていたのですね。深夜の放送だったようで、存在を初めて知ったのは今年に入ってから(苦笑)。

私は機械獣の中でも「ダブラスM2」はベスト1です。何と言っても、あの蛇カマキリな2つのお顔が可愛いのが一番の理由ですね。スリムボディもカッコ良いですし。
何気無しに検索してると、そのダブがリメイクで前作よりも可愛く、そして強そうにデザインされているのを見つけて、とても嬉しかったです。それだけに、最後は可哀想でしたね・・・(それでも、Zにブンブンされて海にドボンで大破だと、もっと悲しいかも:苦笑)。

私は、ガラダにもダブラスにも「哀愁」を感じます。Zが本領を表わすまで、彼らは世界最強の存在でした。それを圧倒的に上回る力の前には、敢え無く滅びて行くしか無いという、まさに悲しい存在。破壊の為に作りだされ、利用される彼ら自身に罪がある訳ではありませんからね・・・。

もしかしたら、Dr.ヘルの支配下から脱した彼らの魂は、憑き物が落ちたように雲の上に寝そべって楽しそうに談笑しているかもしれませんね。何はともあれ、生まれた時から二人ぼっちだった彼らの魂に安らぎがある事を願いたいです。
by A-chan (2012-03-17 01:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。